2017年2月1日水曜日

バニラの花

昨年末、夫の実家があるタハア島で撮った写真を見ていたら、バニラの花の写真が出てきた。自分でカメラに撮ったのに、今頃なんて綺麗なんだ!と感動してしまった。ラン科の植物が大好きなのだが、中でもバニラの花(ラン科なのだ!)は特別な気がする。
このバニラは義理姉夫婦が裏山の中で栽培しているバニラなのだが、ちょうど偶然にも私達がタハア島を訪れた時が開花時期だったので、人工授粉のやり方を教えてもらったのだ。バニラの花はたった1日しか開花しないので、その日に人工授粉を行わないと、またしばらくの間花が咲く期間まで待つはめになる。数年に1回しかタハア島へ行かない私達家族にとっては奇跡的にラッキーであった。
栽培方法やら人工授粉やら色々と教えてもらったのだが、花にうっとりと見とれていてあまり覚えていない。しかしタハア島から送ってもらった苗はしっかりと我が家に根付いてきているので大丈夫なようだ。自宅でいつの日かバニラの花が咲くのが今からとても待ち遠しい。