2015年11月28日土曜日

パイナポー

引越しの続き。新しい我が家の庭には、前の住人が植えたのかパイナポー(タヒチ語でパイナップル)が一つ育っていた。食べごろだったので頂いてみるととてもおいしい!壁際のほとんど砂利のような場所でこんなに美味しく成長するなんてすごい生命力だなぁと感心。おすそわけに大家さんに持って行くと、「私心臓が悪いから食べられないのよ。」との事。そうなのか、パイナポー、、、。食べた後はもちろん葉っぱ部分(茎?)を庭へ植えておいた。こうしておけばまたパイナポーが実をつけるらしい。知識としては知っていても実際に自分達で体験できると言う事はなんと素晴らしい事だろう。タヒチは植物だけでなく自然の力が強くていい。

1 件のコメント:

  1. 実が成ると、親株は枯れちゃうんだけれど、脇芽が出てくるので、コイツを株分けすると、最短3か月位で実が成るよ。パインのクラウンで植えた場合は、実が成るまで一年位は掛かるみたい。
    はま@tahiti

    oritahiti.info

    返信削除