2011年12月6日火曜日

心躍るとき


人形を制作する過程で一番心躍るときは、
スケッチから型紙を起こす時と顔を描く時だ。

実はタヒチに来るまで本格的に裁縫などしたことがなかった。
なので、人形を縫う(手縫いでもミシンでも)作業は今でも苦手。
指に針を突き刺したり、ミシンに糸をからませたりするのはほぼ毎回。
なんでこんなアホなミスをするのだっ!!と一人爆発してばかり。

それでも人形づくりを続けているのは、
人形の顔に瞳を描いて、
睫毛を描いて、
口紅を差し、
頬紅を入れると
いきなり布の塊だった物に命が宿るから。

先日、私の人形を持っている遠い国にいる友人から
<お-い、人形が笑いかけてきたよ、、、>というメ-ルがあった。(ホラ-な意味ではなく)
なんだかとても嬉しかった。

1 件のコメント:

  1. kyokoさんへ

    く-っ!嬉しいやね。そんな事を言ってくれる人がいるなんて私は幸せもんです。

    返信削除