2014年11月15日土曜日

生きる力

何か特別がっかりする事が起きたり、悲しい知らせが来た訳でもないのにどうしても頑張れない一日がある。頑張るというより普通に一日を送るのさえどうしても難しいのだ。身体と心が鉛に縛り付けられているような感じ。一年に数回あるかないか、それもたった一日の事なので別に鬱の症状ではないと思うし、まだ更年期には入っていないので(多分)、そのたぐいでもないと思う。そんじゃーなんなのさ?と自問するがさっぱりわからない、、、。 昨日はそういう一日だった。そしてどんよりする頭の隅で息子がいるという事に感謝した。何故なら幼い子供がいると身体だけでも絶対に前に進まないといけないから。 ありがとよー!

2 件のコメント:

  1. わかる!私もたまにそんなことがあるよ。
    それと思考能力もその時に低下するの。
    なんだろうね。

    Tomomi

    返信削除
  2. ウンウンそういう日があるよね。でも脅かすわけじゃないけど年々そういう日は多くなるわよ。
    そんなとき、私は老人生ウツかな?って思ってしまう。でも3日もすれば通り過ぎる・・と無理やり思いこんで、時間が過ぎていくのを待ちます。そうやって、どんどん年寄りになって行くってわけです。ゾ~~~~!!

    返信削除