2016年12月13日火曜日

タハア島での休暇の続き

約2年前、タハア島の家族に会いに行ったとき、義理姉夫婦が小さいけれど簡単に自分達で立てられる家を両親の土地の一部に建てたばかりだった。それまでは他の島の黒真珠養殖場で夫婦揃って働いていたのだが、子供が学校に行く年頃になったのと、やはり両親の元に住みたいという事でタハア島に帰って家を建てたのだ。でもバニラ栽培以外は特に産業もなく観光地化もされてないタハア島で仕事が見つかるはずもなく、これからどうしようかという状態だった。そこで、私は養蜂をしたらいいよ!と提案した。何故ならばタヒチは(今のところ)海外産の蜂蜜は輸入禁止な為、国産の蜂蜜が結構良い値で売れるから。それにタハア島の彼らの家の周りは沢山の花々が咲き誇る大自然。養蜂には最高の環境なのだ。早速夫婦二人で試行錯誤しながら始めた養蜂。今では写真のように黄金色した美味しい蜂蜜がたっぷり採れるまでになった。実は養蜂は私自身でやりたい事の一つだった。でもタヒチ島での我々のライフスタイルでは難しく、こうして姉夫婦が成功してくれて半分夢がかなったような気持ちなのだ。
我が家の食卓には毎朝美味しいタハア産の蜂蜜が並ぶ。

0 件のコメント:

コメントを投稿